2012年

12月

30日

「子どもの視力低下、止まらず」12年度調査で

2012年度の学校保健統計調査によると、視力1・0未満の子の割合は小学生が30・7%、中学生が54・4%、高校生が63・8%で、前年度に比べ0・8~2・8ポイント増え、文部科学省は携帯電話やゲーム機器の影響とみられると、日本経済新聞が報じた。

眼鏡やコンタクトレンズを使っていない子のうち、小学生の12・7%、中学生の17・1%、高校生の20・1%は、どちらかの目が黒板の字が見えにくい視力0・7未満だった。一方、上昇を続けてきたぜんそくの子どもの割合は、幼稚園児と小学生、高校生で減少に転じた。幼稚園児は2・3%で11年度に比べて0・5ポイント、小学生は4・2%で0・1ポイント減った。中学生は3%で0・1ポイント増えた。

虫歯がある子の割合は全学校段階で減った。中1(12歳)の永久歯の1人あたりの虫歯本数は1・1本で前年度より0・1本減り、過去最低を更新した。